Jヴィレッジチャレンジpowered by シント=トロイデンVV

ニュース

レポート

【開催報告】「Jヴィレッジチャレンジ powered by シント=トロイデンVV」代替オンラインイベントを開催

福島県、Jヴィレッジと共にU-14を対象としたトライアウト「Jヴィレッジチャレンジ powered by シント=トロイデンVV」の開催を中止し、2月23日(水)15時から、代替オンラインイベントを開催いたしました。

本オンラインイベントは、元JリーガーでYouTubeが大人気の那須大亮さんが進行を務めました。

 

◆「福島復興のシンボル」Jヴィレッジの紹介

Jヴィレッジの震災からの復興を動画で紹介。

震災時のJヴィレッジ、そして現在までの歴史をお伝えしました。

 

◆世界へ羽ばたくための英会話講座(DMM英会話によるセミナー)

Jリーグの会見通訳の経験を持つ英語講師による参加型のセミナーを実施。

サッカーに関する英語フレーズや和製英語の紹介、さらに英語を話す上での考え方やポイント、サッカーのシーンで使えるフレーズや単語を学び、チャット機能を活用し交流しました。

 

◆STVVユースマネジング・ディレクター髙野 剛による講義

日本と欧州のサッカーにおける育成の違い、欧州サッカーで求められることなどを紹介。

STVVアカデミー選手の特徴の視点から、技術・戦術だけでなく、フィジカル・メンタル面で大事なキーワードを伝えました。

 

◆STVV所属選手との交流

MF 香川真司選手、GK シュミット・ダニエル選手が参加し、参加者と同じU-14世代の頃の経験から2選手の視点で回答。

参加者からの質問コーナーでは、「プロになるために大切なこと」「日本と海外のフィジカルの違い」等の質問に直接応じ、全国14都道府県から約100名の参加者と交流を深めました。